ドローン赤外線外壁調査

ドローン赤外線外壁調査とは?

文字通り、ドローンに赤外線カメラを
搭載し飛行。
建造物の外壁を
赤外線カメラで撮影し、その温度差分布から
外壁タイルの浮きや漏水箇所などの
劣化箇所を
発見する調査手法です。

目視だけではわからない外壁内部の
劣化箇所も
画像として認識でき、
足場の設置や撤去が不要の為、
工期も短く、ゴンドラや
ロープによる打診と比較しても
安全性・コスト・精度の面に
おいても大きなメリットのある手法です。

ドローン
赤外線画像

特殊建築物等定期調査業務基準

従来から行われている
「打診調査の方が安全なのでは…」と
不安に感じる方もいらっしゃる
かと思います。しかし、
ドローンによる赤外線外壁調査は、
東京都都市整備局や、
国土交通省の「特殊建築物等
定期調査業務基準」

でも認められています。

弊社では天気・気候等の
調査環境を十分考慮
し、
日照があり、外壁が乾いている状態、
かつ赤外線に関する
豊富な知識と
経験により正しい手法で
撮影
することにより、
非常に信頼性の高い外壁調査を
行うことが可能
です。

ドローンによる赤外線外壁調査のメリット

赤外線外壁調査

調査費用が1/3

ロープ、ゴンドラ、足場、高所作業車等、従来から行われている直接外壁を打診する調査方法と比較して費用を約1/3に抑えることが可能です。足場を設地、解体する必要がないためビル・マンションの大規模な外壁調査でも、圧倒的に低コスト、かつスピーディーな外壁調査を実施できます。

赤外線外壁調査

安全リスク減

ドローンで調査する場合、足場やゴンドラ等を設置する必要がありません。作業員が高所で作業する必要がなくなるため、非常に安全性が高いのもメリットの一つです。
点検用のドローンは最新型を導入し、衝突防止用センサーもついているため安定的な飛行が可能。また、操縦は専門の資格を持ったパイロットが行い、高い安全性を確保できます。

ドローン

品質の高い調査

高解像度の赤外線カメラを搭載し、精度の高いデータを取得することが可能。建造物を赤外線撮影すると、「剥離、浮き、ひび割れ」している箇所は空気の層ができ、健全部よりも「黄、赤、白」など高温を表す色で表示されます。外壁のひび割れやタイルの浮きなどのほか、漏水箇所の発見、雨漏りの原因まで特定できるなど高品質な調査を実現させます。

ドローン

安全リスク減

ドローンで撮影することによって、特に大規模修繕時、人の手では届かない部分まで正確に確認しておくことが出来ます。
そのため、修繕前のチェック段階で、正確な見積もりの算出が可能となります。打診調査により算出された見積もりと比べ、実際の修繕費用との乖離を最小限に抑えられ、双方が納得した状態で修繕に取り掛かることが可能です。

ドローンによる赤外線外壁調査のポイント

AI技術を利用した判定・解析

AI技術を利用した判定・解析

ビルメン日新のドローン赤外線外壁調査は、撮影した積算画像をAIを用いて破損箇所の判定を行います。AIにデータを蓄積、学習させて判定をさせるため、精度も高く、圧倒的短期間で修繕箇所のデータを作成することが可能です。また、調査者の経験・スキルに依存しないため、判断基準が一定で、ばらつきが無く、ヒューマンエラーが発生しません。

AI技術
撮影データの3D化サービス

撮影データの3D化サービス

ドローン撮影画像から作成された3Dモデルのデータにヒートマップを3Dマッピングしたデータを作成、提供させていただきます。3Dデータを作成することにより、誰にでも一目瞭然に建造物の損傷箇所が分かりやすく可視化でき、説得力あるものとなります。また、調査結果は電子データでクラウドに保存されるため、過去の検査結果との対比、比較にもお役立ていただけます。

3Dヒートマップ
安全第一の飛行をお約束します

安全第一の飛行をお約束します

ビルメン日新には、日本で最初にドローン資格認定制度を始めた団体「JUIDA」の定める科目を受講し、安全に飛行させるための知識と操縦技能を認定する「無人航空機操縦技能証明証」と、法律の知識を有し、飛行業務の安全を管理できることを認定する「無人航空機安全運航管理者証明証」を交付された操縦士が在籍しております。知識、経験豊富なパイロットが安全第一で操縦いたします。

安全第一

ドローン赤外線外壁調査と従来の点検方法との比較

ビルメン日新のドローン赤外線外壁調査

調査対応物件

アパート・マンション外壁調査
ソーラーパネル調査
一軒家外壁調査

調査対応物件

北海道|ドローン赤外線外壁調査

ビルメン日新のドローン赤外線外壁調査は、全道より承っております。
マンション、ビル、ソーラーパネル、一軒家まで幅広い建造物に対応しておりますので、まずはお気軽にお問い合わせフォームよりご相談下さい。

お問い合わせ

使用機材

Matrice 300 RTK
ドローン機種 Matrice 300 RTK
動作範囲 8km
最大フライト時間 55分
保護等級 IP45レベル
最大ペイロード容量 2.7KG
Zenmuse H20T
可視+赤外線カメラ機種 Zenmuse H20T
温度分解能(NEDT) ≤50 mK @ f/1.0
赤外線 解像度 640×512
最大フレームレート 30fps
保護等級 IP44レベル
DJI MINI 3 Pro
ドローン機種 DJI MINI 3 Pro
動作範囲 4km
最大フライト時間 34分
Mavic 2 Enterprise Advanced
ドローン機種 Mavic 2 Enterprise Advanced
動作範囲 6km
最大フライト時間 31分
赤外線 解像度 640×512
最大フレームレート 30fps

北海道|ドローン赤外線外壁調査|問い合わせ

ドローン赤外線外壁調査のお見積りのご相談、
ご質問等お気軽にお問い合わせください。

    北海道|ドローン赤外線外壁調査|会社情報

    札幌|ドローン赤外線外壁調査|会社情報
    会社名 株式会社ビルメン日新
    電話番号 011-621-3993
    代表 山本有希 / 井口信幸
    所在地 〒063-0002
    北海道札幌市西区山の手2条11丁目
    13番地